僕なりに効果的な学習方法を書いていくシリーズです。
まずは数学。

重要な点は以下。

①計算力は絶対必要(医学部受験生の計算力を侮らない)
②解き方は理解して、覚える(単純暗記はダメ)
③必ず類題で自身の理解を確認せよ
④日本語を書き、論理的に解答を作成するべし

この4点が大切だと感じます。

①計算力は絶対必要(医学部受験生の計算力を侮らない)
学習量の記事でも強調しましたが、まずは計算力。これがないと全てが遅くなります。
キーボードのタイピングの様に鍛えましょう。 

全員がやっているか分かりませんが、基本的に上位勢は暗算による検算をしながら問題を解き進めていると思います。これが出来ていない場合は計算力が足りません。 
ちなみに医学生は筆記スピードも早いのでこれも意識しましょう。

②解き方は理解して、覚える(単純暗記はダメ)
暗記数学というのが流行った時期があり論争になりましたが、単純暗記をせよ、というものではなく、
「理解して、解き方を覚える」という内容でした。これが王道です。

例えば、解の公式は何故あの式なのか?
証明出来ない人は学習方法を見直した方が良いかもしれません。
基本的に教科書に載っている公式の証明は出来た方が良いです。これが理解の深さに繋がります。 
sinθの定義は?と言われて説明出来ない人も同様です。
基本事項については、人に説明出来るくらい理解を深めていきましょう。
これをやらないと伸びない時期が早く訪れます。

また、学習が進んできて方針が見難い問題の場合、「何故この解き方をするのか?」が説明できないとその問題を学習している意義がありません。注意してください。

これらを意識して、1問1問解いては覚えるを繰り返します。 

③必ず類題で自身の理解を確認せよ
数学は他の科目と異なり、数値まで全く同じ問題はまず出題されません。 
これが得点差がつく一番の要因です。

なので数学の参考書には必ず類題がついています。
もちろん類題の方が難しい場合もありますが、基本的は同様の手法で解答出来るはずですから、類題が解けない場合、例題の理解が不足していると思って良いでしょう。

④日本語を書き、論理的に解答を作成するべし
これは解答を書くとき絶対やるべきです。②で記載した内容にもつながりますが、
何故自分がその式を持ち出したのか、その変形を行なったのか、などが自分にも分かり理解が深まります。もちろん無意識でやっている人も多くいますが、基本的には全員やるべきだと考えます。

以上のことをひたすら繰り返していきます。
もちろん、才能に左右される科目でもありますから、同じ学習をしたからといって同じ成績が取れるわけではありませんが、1つの王道的学習法として紹介しておきます。